手軽に使えるおすすめの護符〜浅草吉原九郎助堂護符について

この記事は約2分で読めます。

当ブログでは、護符の考え方や利用方法を多面的に解説していますが、その何れも手にするには少しハードルが高いと考えられる方がいらっしゃるかもしれません。

では、他にどんな選択があるのでしょうか?

最寄りの神社のお守りや御札?

もちろん、その選択肢も良いものです。

ですが、今回はネットで買えるお手軽護符「浅草吉原九郎助堂の護符」をおすすめしたいと思います。

浅草吉原九郎助堂の護符とは?

浅草吉原九郎助堂さんは、楽天やyahoo、アマゾンで護符を販売している、お守りショップですね。

こちらの護符は、神道と陰陽道それぞれの、正しい書き方で記載されており、非常に信頼できるものです。

特徴としては、名がないこと=造り手と、使い手の名前が入らないことですが、その代わりに、浅草吉原九郎助堂さんは、刀印護符という使い方を推奨しています。

護符の効果と印を切ること

当ブログでさんざん申し上げているとおり、護符というのは「使い手の意識がまわる」ことが第一です。

そのため、誰が書いたか明確で、かつあなただけのために名前が入った護符というのは、強さを発揮するのですが、浅草吉原九郎助堂の護符は名前がありません。

ですから、立て付けとしては神社の御札や護符、お守りと同じ用なものになってしまいます。

ですが、ここで浅草吉原九郎助堂さんは、刀印を切る、すなわち、護符上に記載された文字を指でなぞることで、その護符の効果に対して、意識をまわし、願いの成就を後押しする、という手法を提案しているのです。

これは、手法としてはとても正しいものです。

陰陽師がよくやる印を結ぶ行為の体現

陰陽師というのは、護符をしばしば利用しますが、紙や筆が無い時はどうするのでしょうか?

その代わりに、指を筆にみたてて、空に書を刻むのです。

刀印護符は、それに近い行為を自分でおこなものになります。

この刀印を刻む行為と、正しい書式で書かれた護符は、理にかなった効果を発揮するための、非常に良いものとなっております。

浅草吉原九郎助堂の護符はこちら

浅草吉原九郎助堂
護符やお守りの作成販売。金運や開運、恋愛運アップ、呪い返しや生霊返しなどお気軽にご相談を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました