霊感占いと霊視占いについて〜本当に存在するの?当たるの?

この記事は約5分で読めます。

対面鑑定や電話占いのサービスをザッピングしていると、時折、霊感占いや霊視占いというものを見かけると思います。あるいは、実際に体験された方もいらっしゃるでしょう。

この霊感占いや、霊視占いですが、ちょっと信じられないと思う方がいらっしゃるかもしれません。通常の占いと違って、少し特徴的ですよね。

ここでは、この2つについてそれぞれ解説させていただきます。

”リモートで当たる占い”

電話占いQole(クォーレ)は、予約の絶えない占いカウンセリングサービスです。

  • 創業26年の老舗占い館。
  • プロの占い師さんに今すぐ相談可能。
  • 豊富なレビューやプロフィール紹介でマッチングしやすい。
  • 全占い師一律1分170円で業界最安クラス。

ちょっとした世話話から、苦しい〜切ない悩み、そしてあなたの恋や生涯の全てまで「知りたい」に、全て応えてくれます。

霊感占いについて

霊感占いというのは、言葉通り、世界の霊的なものの存在を感じ取って、そこからメッセージを引き出す占いになります。この霊というのは複数の種類が存在し、いわゆる幽霊や守護霊といった、かつて生者だった霊にあたるものを扱うこともありますし、自然に宿る魂と交流することで情報を得るものもあります。

能力の根底にあるのは霊感ですが、これは生まれながらに持っている人と、訓練によって身につけた人の両方がいます。前者は感性とセンスの話であり、後者は技法と訓練の話です。

実際には会話をするというよりは、複数の情報を感じ取って翻訳する、という作業に近いというようなことを以前、霊感占いをやっている方からお伺いしたことがあります。

鑑定者は自身の能力を駆使して、相手の情報から相手の霊的なものを感じ取って鑑定につなげるというのが、一般的なものとなっています。

続いて霊視についての解説をします。

霊視占いについて

霊視占いというのは霊感占いと同じような感じる力をベースにして、より具体的に、通常その場では見えないものを見る能力です。

霊視によって、占い師さんは、過去の出来事や未来の姿、誰かの見えない有り様、対象者の周囲の光景などを視ることができます。

霊視には霊感が必要ですから、霊感の派生ともいえます。ですが霊感占いが出来ても霊視占いが出来ない人というのは数多くいます。霊視占いは、診断者のセンスが非常に問われる占法になっています。

この2つは、昨今代表的な、特殊系占いになっていますが、実は基本的には既存の占いと同じであり、その延長にあるものでもあります。

霊感占い・霊視占いって何?

もうすこし踏み込んだ話をしましょう。

そもそも、占い師さんというのは基本的にツールを使って占いをします。タロットであったり占星術であったり、四柱推命であったりといった、占法を利用するのですが、それは、占いというツールが、診断者のコミュニケーションを通してある「回答」を導き出すのに適した、体系的な機能を持っているからです。加えて、占いというツールは、集中する、センスを尖らせる、といった占う側の能力を高める方向でも機能しています。

通常の占いのプロセスとしては、以下のとおりです。

  1. 悩みを聞く
  2. 占いを使って占う
  3. 結果を読み解く
  4. 答えを伝える

それに対して霊感や霊視のプロセスは以下のとおりです。

  1. 悩みを聞く
  2. 結果を読み解く
  3. 答えを伝える

霊感や霊視というのは、ツールとしての占い部分をごっそりとりはらっているんですね。

そんな事が可能なのかと思うかもしれません。出来てしまうんです。

多くの対面鑑定をこなしてきた、相談のプロというのは、占いというツール以上に、人の有り様についての膨大な知識と経験があります。これに、ご自身のセンスや感性を組み合わせることで、占いというツールなしでも、相手や物事の本質をズバリと言い当ててしまうのです。

ただ、それだけですとあまりにも味気ないので、霊感や霊視という形をとっているのです。

では霊感や霊視はうそっぱちなの?

いえいえ、そうではありません。

膨大な経験やセンスや占いというツールの利用によって、占い師個々人の、霊感や霊視の能力──人の本質を見抜く能力というのは、それを霊視や霊感と言ってまえるほどに高まってるというこです。霊視や霊感というのは、占い師の占い師としての能力が先鋭化し具現化したものになります。

人というのは、ある一定の訓練をすると、ほんとうに、その人の名前や所作や物腰から、相手の後ろ側にあるものが感じられますし、見えてしまうのです。

そもそも、皆さんだって「カン」というのは体験したことがあると思います。

霊感や霊視の占い師さんというのは、特別な訓練と経験と、諸々のツールの使い方によって、そのカンに意味を与え具体的なイメージにつなげる訓練をした人たちなのです。

ですが、そのやり方は、個々人で異なります。その境地へのたどり着いたプロセスも個々人で異なっております。

だからこそ掴みづらく、体系化がしづらいく、人に伝えづらいのです。また能力の発揮にもばらつきがあるのです。

霊感や霊視の形は様々

霊感や霊視をされる方のスタイルというのは様々です。

古くは、沖縄の霊能者のユタや、恐山のイタコなど日本古来の霊的コミュニケーターというのは存在しました。また海外においても、グレートスピリッツとコミュニケーションをするインディアンや、黒&白魔術をする人たちや、原初的なシャーマニズムに携わる人達もこれに近い占いになります。

掘り下げれば神託を受ける、巫女や神職もそれにあたります。あるいはアニミズムと関連した、ドルイド、古神道、そういったものもすべて霊感や霊視の能力を持ちます。

なぜ、これらの人たちがこれらの役職が過去にあったのでしょう? それは、そういう能力が本当にあったからですよね。現代人は忘れがちですが、人は古来よりそういう技術を各々で発達させて利用していたのです。

彼らは、各々ツールや儀式を行いつつ、また霊場といった場を整えることで、集中し、また相手や自然の所作を見て、言葉に耳を傾けることで、答えを導き出します。

それぞれ手法も考え方もまったくことなっていますが、やっていることは代わりません。しかし、確実に言えるのは、霊感や霊視というのは間違いなく存在しています。

人気の霊感、霊視占いをされる最強クラスの先生方は、ちゃんと感じており、見ています。遠隔霊視をしています。

その度合が、人生相談の経験の延長なのか超常的なセンスの延長なのか、あるいはその両方なのかはまちまちですが、確実に見ていますし感じています。

だからこそ、先生方は肩書に「霊感占い」「霊視占い」をつけているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました