占い師になることのメリットとは?

この記事は約3分で読めます。

占い師になることを迷ってらっしゃる方のために、占いを見に付け占い師になることのメリットについて、いくつか申し上げます。

占い師のメリットとは何でしょうか?

それは大きく3つあります。順を追って申し上げますね。

占いで判断の助け得て後悔がなくなる

1つ目です。もっともスタンダードなお話ですね。

占い師となるということは、占いをほぼ自身のものとすることができているということですよね。その結果として、あなたは、自分自身を占うこともできます。

それは具体的にはどういうメリットを引き出してくれるのかといいますと──とうぜん迷った際に占いをするので、あまり判断の迷いがなくのですが、転じて「後悔がなくなる」のです。

私はこのメリットが大きかったですね。

私は、何かを判断するときに、占いをする前はあっちがよかったのではないか?と後悔することが多かったんですが、占いをやってからは、それをあまり考えなくなったんですよね。

変な話なんですが、2つある物事のうちのえらんだ結果がひどかった場合、もう一つのほうはもっと悪かったと思えるようになるんです。

これは個人差ありますが、私的には正しい占いの使い方だと思って言います。

思考が深くなりスピリチュアル方面に意識がまわる

2つめです。

占いは意識の奥底を覗き見る道具です。それは、普段見過ごしている物事に別の視点を与えてくれます。

占いというのは面白いツールで、判断の助けや思考の助けをしてくれますが、同時に占いの結果を「どう読み解くのか?」という、思考力の訓練にもなるのです。

診断対象(ヒト・モノ・コト)に対して、占いが導き出した示唆をどのように考えるべきか、またそれをどう表現すれば、物事がポジティブに変わるのか?

そういった観点に思考がまわります。

結果として、占い師さんは視野が広くなるのです。

これは、普通のサラリーマンやOLをしていると経験できない機会であり体験です。

また、占い師さんに頭がよくて達観した方が多い理由もここにあると思っています。

さらに申し上げますと、言語で説明出来ない物事というのも世の中にはありますが、占いを通じてそれらについての接し方も身につきます。

ここではあまり言いたくないのですが、例えば世の中には「大いなる力」というものがあって「生かされている」のだと実感する等のお話ですね。

その表現は言葉にするとチープで使い方を気をつけなければいけないのですが、個人としてスピ方面に意識をもっていることは、生きる上で気持ちが軽くなります。

思考とスピの方面の有用さは、特筆すべきものがあります。

お金儲けや機会の創出につながる

最後です。

ちゃんと言いたいのですが、占い師としてしっかりとしたスキルを身につけることができれば、ちゃんとお金になります。

これは、別のところでも説明しているとおり、パートやアルバイトレベルではない収入を得ることができるものです。

わたしの場合は占い師さんの仲介やサービスへの企画参加が主ですが、過去には、相当の売上を出すことに関わったこともありました(私はお手伝いでした)。

また占いが好きなひとというのは女性が多いことが特徴としてありますが、実は一方で経営者には占い好きが多いのも特徴です。

ビジネスについての占いをしようとすると必ず求めてきます。そういったところからビジネスの機会を得る等の経験もありました。

つまりは、全般的に経済の側面で助けとなるメソッドなのです。

以上のことから、興味があって、すこし勉強の時間があるなら、占いを勉強し占い師になるべきだと思っています。

個人的には、別に占い師として営業しなくてもよいのですが、占い師レベルに占いができることが、とても有用だと思っています。

以上、参考になりますと幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました